ミノキシジルの副作用

薄毛をどうしても改善したい、髪をはやしたい、という場合は多少の副作用を覚悟の上でも使いたい、という気持ちになるかもしれません。

その場合も、副作用についてはきちんと知っておくことが大事ですね!薄毛は深刻ですが、そのために体を壊しては意味がありません。

普通に暮らしていると入ってこないミノキシジルの副作用も、よく調べると深刻な副作用があることがわかってきます。

よく知られている副作用の他にも、体に大きなダメージを与え、治療をずっと続けなければいけないものもあります。

若い方はすぐにでも薄毛を改善したい、髪の毛を増やしたいと思うかもしれませんが、副作用に関してはよくよく調べる必要があります。

ミノキシジル副作用

性能力の低下、精神的症状勃起障害、精力減退、うつなどはよく知られた症状です。

もし、薬を服用してこのような症状があらわれたら、すぐに服用を停止すべきです。

そして、医師に相談して適切な処置を受けることが大事ですね。

ミノキシジル副作用 狭心症の発作

ミノキシジルには血管拡張作用があります。

ただし、拡張するのは動脈だけなのです。静脈は拡張しないのですね。

したがって、静脈を通って心臓に血液が戻ってくるときに血流に耐えられないと心拍数があがり、心臓に負担がかかって狭心症を起こす可能性があります。

気軽に試せない、ということがわかりますし、心臓の弱い方はまず避けたほうがいいと言えるでしょう。

ミノキシジル副作用 血圧の低下

ミノキシジルはもともとアメリカで降圧剤(血圧を下げる)薬として開発されました。

したがって、服用することによって血圧が下がるのは当然のことと言えます。

血圧に関してトラブルがある方は、避けたほうが賢明ですね。

ミノキシジル副作用 肝機能障害

ときに重篤な肝機能障害が起こる可能性があります。

実際にミノキシジルの服用が原因で、肝機能にトラブルが起きたという事例が報告されています。

肝臓にトラブルがある方、薬を服用している方は避けることが賢明です。

ミノキシジル副作用 その他の副作用

浮腫(むくみ) 心電図上の一過性のT波の変化 ごくまれに心膜腔液貯溜
催奇形性 白血球減少症、血小板減少症 吐気、嘔吐

上記の副作用が報告されています。

何がしかの治療を病院で受けている方は、医師と相談して使うことが必須ですね。

ネット通販で海外製品を買ってはいけない!

AGAクリニックで処方されるのがミノキシジルタブレットですが、値段の高さを考えてインターネットで海外のサイトから購入する方もたくさんいます。

また、海外から直接でないにしても、日本の通販サイトが海外の製品を扱って販売していることもあります。

結論からいえば、こういうサイトでの購入は絶対やめるべきです。

時々、ネット上のサイトでそういった製品の購入を勧めていることもありますが、まったく無責任であると言えますね。

情報を発信している人の名前や住所が書かれていない場合は、何かあった時も責任をとってもらうことはできません。泣き寝入りするしかないのです。

どうしてもミノキシジルやプロペシアを使いたいということであれば、きちんとAGAクリニック(発毛クリニック)で診察を受けてから処方してもらいましょう。

海外から輸入するときは、身体検査もありませんし、既往症があって薬を服用している場合、薬の飲み合わせという問題もあります。

実際に海外のサイトからミノキシジルとプロペシアを購入して、トラブルに見舞われたという事例が報告されています。

一時は命の危機にも見舞われたということなので、問題の大きさが伺えます。

販売サイトは閉鎖され、連絡が取れなくなったということです。

その人が飲んでいたものを分析したところとうの昔に承認を取り消された薬の成分が配合されており、ミノキシジルとは違う偽薬に近いものだったそうです。

必ずしも毛が生えるわけではない

ミノキシジルを使えば誰でも髪が生えてくるかというと、そういうわけではありません。

むしろ、効果がある人は少ない、というデータがあります。

アメリカで行われた実験によると、ミノキシジル服用で著名な効果が現れた人はわずか0.3%とのことです。

わずかなまたは中程度の効果が現れた人が30%ということです。

こう考えるとミノキシジルが万能でないことがわかります。

副作用の怖さと比べると効果の少なさに驚くかもしれません。

そこまでして使う薬かどうか、疑問に思われます。